カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
 

農道ってなに?

みなさん、農道って知ってますか?
たぶん大半の人が聞いたことがあると思いますし、実際に車で走ったことがある方も多いのではないでしょうか。
でも、農道には色々な種類があって、それぞれ財源や目的が違っているのいうのは意外と知られていないようです。農家の人でも知らない方が多いくらいですから。

農道とは、

土地改良法に基づく土地改良事業、独立行政法人緑資源機構法に基づく農用地総合整備事業、特定中山間保全整備事業または、ふるさと農道緊急整備事業により造成された道路であって、農道として管理されているもの。
となっています。
ただし、道路法第7条第1項または第8条第1項により都道府県道または市町村道として認定された道路は農道から除外されます。

では、具体的にはどんな種類があるのでしょうか?

1.農免農道
通常、ガソリン(揮発油)の取引には揮発油税がかかりますが、農林漁業用機械に消費されるガソリンについてはそれが免除されることになっています。
しかし、取引の際にそのガソリンが何に使われるのかを確かめるのは現実的ではないので、農林漁業用機械に消費される分の揮発油税に相当する額を財源として道路を整備することで、揮発油税の免除に代えているのです。
この事業を「農林漁業用揮発油税財源身替農道整備事業」と言い、税金を免除する分を使用して道路を建設することから、その道路を一般に農免農道と呼びます。
つまり、農家に還元されるはずの税金を使っているわけで、農免農道に関しては、一般の人が納めた税金は使用されていないことになります。

2.広域農道
農村地域に散在する農地を一つの団地と捉え、集出荷・加工プロセスの一元化などにより産地としての市場競争力を高めることを目的とした農道です。
都市に対する環状道路もしくは幹線道路に対するバイパスとしての機能を持つこともあり、農村における生活水準の改善に資するとされています。
この事業を「広域営農団地農道整備事業」と言い、その道路を一般に広域農道と呼びます。
この道路の目的上、主要幹線道路の近道や抜け道として使っている方も多いのではないでしょうか? 道幅も広く、舗装もしっかりしていて大変便利です。

3.一般農道
都道府県が行う農道網の基幹となる農道の整備を行うもので、広域農道、農免農道以外のものをいいます。
この事業を「一般農道整備事業」と言い、その道路を一般農道と呼びます。通常、砂利道の場合が多く、田んぼや畑に直結する末端の道路です。普通の人はあまり通らないですよね (^^;

4.ふるさと農道
地方債を財源とした地方単独事業で、都道府県が行う事業と市町村が行う事業があります。
集落間または集落と基幹的公共施設等との間を連絡する農道等を整備するもので、この事業を「ふるさと農道緊急整備事業」と言い、その道路を一般にふるさと農道と呼びます。
あまり見かけることもなく、事業そのものが2007年までの時限措置となっているので、現在はあまり関係ないかもしれませんね。

今度、農道を通る機会があれば、ぜひ道端の表示を注目して見てください。きっと農免農道とか広域農道という文字が見つかると思います。(一般農道に関しては表示がありませんが・・・)
そのとき、「ああ、このことか。」と思い出して頂ければ幸いです。